クレンジングオイル成分のおすすめは - 毛穴を開かせてからのクレンジングがおすすめです

クレンジングオイル成分のおすすめは

毛穴に詰まった汚れである角栓や化粧による油性汚れの洗浄に使用するクレンジングには、ミルクやオイル、クリームなど様々な種類があります。
洗浄力が高く日頃から濃い目のメイクをする人におすすめなのがオイルタイプであり、肌につければ必要以上の摩擦を使わずに汚れを洗い流せます。


しかしクレンジングオイルはその高い洗浄力から皮膚に必要な天然保湿成分や皮脂まで奪ってしまうデメリットがあります。

クレンジングのおすすめ情報を集めたサイトです。

その為乾燥肌になりやすく、日頃から肌が敏感な人、薄めのメイクをする人などはオイルタイプは肌にダメージを与えやすくおすすめできないでしょう。



それでも肌負担の少ないクレンジングを探すことは可能であり、まずは鉱物油を指すミネラルオイルのものは避けましょう。


鉱物油とはオイルタイプの製品の原材料として扱われることが多く、肌に吸着しやすく洗い流しにくい特徴があり肌に負担をかけやすいです。



選ぶのなら油脂と呼ばれる動植物が体内で生成するオイルがおすすめで、これはグリセリンと脂肪酸が結合した成分を含んでます。


これらは皮脂に似た成分であり、肌に馴染みやすく石油系原料から作られた鉱物油と比べて洗い流しやすいです。米ぬか油やアボカドオイルなどがおすすめの油脂であり、抗酸化作用の高いビタミンCやビタミンEといった成分を含んでます。

しかし油脂でも脂肪酸の一つである不飽和脂肪酸が多く含有してるものは酸化しやすく皮膚に刺激になりやすいので控えるべきです。