AGAによる薄毛発症のメカニズムとその治療法とは

###Site Name###

多くの男性を悩ませている薄毛症状ですが、その原因には様々なものが考えられます。

ひとつは頭皮が汚れて皮脂やゴミが毛穴を塞ぎ頭髪の成長を妨げていること。もうひとつは問題のある生活習慣によって血行悪化やホルモンバランスの変化を引き起こしていること。


そして三つ目として挙げられるのが、最近特に注目を集めているAGAという病気によるものです。

このAGAは別名、男性型脱毛症とも呼ばれています。

まずは男性の精巣にて作り出されるテストステロンという男性ホルモンが身体の中をめぐる上で頭皮にある5αリダクターゼという酵素と反応します。
この時に作り出されるのがDHTという物質で、頭髪の根本にある毛乳頭がこのDHTを感知するとすぐにヘアサイクルが乱れ始め、毛乳頭自体も頭髪の成長がすでに完了して後は抜け落ちるだけと判断し、毛細血管から栄養分を補給することをやめてしまいます。

こういったメカニズムによってAGAの薄毛は進んでいくのです。



この症状を改善するにはクリニックでの専門治療が必要です。

これらを受診すると一般的に飲み薬と塗り薬による治療が行われます。

飲み薬はフィナステリドという成分の含まれるプロペシアというもので、これを一日一錠服用すると5αリダクターゼのⅡ型の働きが抑えられるので、これが男性ホルモンと反応してDHTを作り出す分量も抑制することが可能となります。



こうして頭髪のヘアサイクルが正常化することによって、もう一度頭髪を取り戻すことができるようになるのです。

また、塗り薬にはミノキシジルの成分が含まれ、これを頭皮に塗ると毛細血管が拡張されて増量される血流に乗せて栄養分が過不足無く補給。



これによって頭髪はますます成長力を得ることが出来るのです。

こういった治療によってAGAは早い人だと数週間で改善が見られ、遅い人でも数ヶ月から半年、一年ほどで改善できるはずです。